google-site-verification=h8Oxktyx-MnRxXlOKL6DQTtE54tlcfg0HaWKLkjIu_w 通勤電車でウォークマン | 55歳アーリーリタイアの暮らし 〜釣り、山歩き、お絵かき〜

通勤電車でウォークマン

0

     

     

    通勤電車の中ではウォークマンで音楽を聴いています。

     

    ビートルズやローリングストーンズや同時代のロックや古いブルースを聴くことが多いです。

     

    先月あたりから毎日出勤時にあるプレイリストを作ってそれを聴いています。

     

    ブリティッシュ4大バンド

     

    プレイリストの中身はビートルズ・ローリングストーンズ・フー・キンクス、いわゆるブリティッシュ4大バンドのアルバムを全てではないですが発売順に組んだものです。

    ビートルズのプリーズプリーズミーに始まり、サイケ、コンセプトアルバムの時代を通り、ストーンズのブルースカバー、ブルーアンドロンサムまでです。

     

    6月の中頃か終わりごろから聴き始めたと思うのですが、片道1時間ほどの出勤時に聴くと、ちょうどアーリーリタイアする9月末にプレイリストが終わる算段でした。

    実際には、通勤時間が1時間ちょうどではありませんし、電車が遅延して通勤時間が長くかかった日もあったりして、9月末より早く聴き終わってしまいそうですが、それでも4大バンドの音楽が進んでいくのと、アーリーリタイアのカウントダウンがリンクするのが、なんとなく気に入って毎日聴いています。

     

    今は、ビートルズのレットイットビーは終了し、フーのライブに掛かっています。

     

    ここまで聴いていて改めて思うのですが、やはりビートルズは解散まで時代をリードしていたのだなと実感します。

     

     

    駆け抜けたビートルズ

     

    このタイミングからストーンズはいわゆるグランドスラムの4枚の傑作を出して、自らのフォーマットを確立し、フーはそのライブでのパフォーマンスを軸に、キンクスはそれら3者とは違う音楽性を確立していきます。

    3大バンドもその他のミュージシャンたちも長い時間をかけてその音楽性を開花させていきますが、ビートルズはわずか7年半ほどの期間に圧縮して駆け抜けていった点が、稀有な存在だったのだなあと改めて感じています。

     

     

    何の気なしに作ったプレイリストでまだ途中ですが、ビートルズのすごさを再認識しました。

    リアルタイムで経験したら凄かったでしょうねえ。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    ブログ村

    ブログランキング

    FC2ランキング

    プライバシーポリシー

    当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Google AdSense、A8.net、楽天アフェリエイト、もしもアフィリエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 「Cookie」(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM